しおうずらいふ
白うずらの『おこめ』と、人間の『シオ』との日常。
こんなに小さいのに、なんて大きな存在感。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
おこめが骨折しました                 
Image526.jpg
リビングのドアに足を挟んでしまい、おこめが右足を骨折してしまいました。
人の後をちょこちょこついて回る子なため、完全に見落としていた人間側のミスです。

見た目では骨に異常があるとわからなかったのですが、すぐさま動物病院に電話してから兄と一緒におこめを連れていきました。

初めての動物病院がこんな形なんて…(;へ;)

前もって、ネットで調べた獣医師さんリストを作っておいて良かったです。
(鳥を診てくれるという病院に蛍光マーカーでチェックを入れて、電話付近に貼っていました。)

お医者さんに「骨が折れてる」と言われた瞬間、目から全身分の水分がどっと出てきました。
泣きながら治療のためにおこめを抱き続けたのですが、当鳥はめっちゃめちゃな私の顔を見てキョトンとした顔。
何度も何度もおこめに謝りました。

父も仕事を早退して動物病院に駆け付ける騒ぎに。
「末の娘がドアに足を挟んで骨折した!」と会社に言って、血相変えて飛び出してきたらしいです。

おこめは今、ギプスをはめられて静かにしています。
平らな所(鳥かごや箱)にタオルを敷いて寝かせていたのですが、元気な方の足を突っ張って暴れてしまいます。
なので、クッションの上に服を丸めて、その中に寝かせました。
食欲はあるので、大好きなみかんや白米、白菜を与えています。

携帯のメールから投稿したので、画像が一枚しか貼れません;


★人気ブログランキングへ★←参加しています。
にほんブログ村 鳥ブログへ
: - : comments(9) : trackbacks(0) : posted by シオ :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








私もついてきているのに気づかないで蹴ってしまったことがあります。
自分のせいで怪我をさせてしまったことは
非常に悲しいですよね。

でもおこめちゃんがシオさんを大切におもってくれることは変わらないと思います。
一生懸命看病してあげれば気持ちは伝わると思いますよw

早く治ってくれることを祈ってます。
posted by りく : 2007/12/30 10:37 AM :
おこめちゃん大丈夫でしょうか??
ちょこちょこ歩くのでなかなか気づかないときもありますよね。
私も前に軽く踏んでしまったことがあってそのあと少しの間ボスが人間不信になってしまったことがあります↓↓

おこめちゃん早く元気になりますように。
看病がんばって下さい。
posted by ナオ : 2007/12/30 3:40 PM :
おこめちゃん、落ち着きましたか?
ママも去年3月、大事なむっちゃんを不注意で亡くしました。やっぱりママの後をいつも追ってくる子でした。
悲しくて悲しくて・・・
二度とこんな悲しいことがおこらないようにとウズラ部屋を作りました。

お大事にしてくださいね。
少しでも早く、おこめちゃんが治ることを願っています。
posted by うりうりママ : 2007/12/30 9:24 PM :
あら・・・。
痛そうなお話ですね。
でも最悪の結果にならずに良かったです。
私の叔父さん夫婦が室内で放し飼いにして可愛がっていたインコのピーコちゃんがドアに挟まれて☆になってしまいました。

私も長男コーチンの足を先日踏んでしまいました。
ビックリして飛び跳ねて私を見つめていましたが、幸い骨折は免れました。
私も気を付けようと思います。

おこめちゃん早く良くなると良いですね。
人間に比べて鶏は怪我の治りが早いので、うずらも早いかも知れませんね。
元気な姿を早く見たいです。

来年も宜しくお願い致します。
posted by こーちん : 2007/12/31 6:12 PM :
シオさん、こんばんは。
今年最後におこめちゃんが大変なことになっていたのですね。
でも、お父さんの早退の様子など、おこめちゃんはホントに大事にされていてすごいな〜って思いました。

うちの夫なんて、つとこが中雛の頃にあまりジャンプをしないから鍛えるのだといって高い所へ置き去りにして、無理に飛び降りたつとこは足を捻挫したらしく2ヶ月ほどビッコをひいていたんです。
夫は今でもその時のことで時々皆に非難されていますけど。

おこめちゃんが早く良くなることをお祈りしています。
来年もかわいいブログを楽しみにしていますね!良いお年になりますように。
posted by はちまきぶどう : 2007/12/31 9:27 PM :
シオさん、こんばんは。
今年最後におこめちゃんが大変なことになっていたのですね。
でも、お父さんの早退の様子など、おこめちゃんはホントに大事にされていてすごいな〜って思いました。

うちの夫なんて、つとこが中雛の頃にあまりジャンプをしないから鍛えるのだといって高い所へ置き去りにして、無理に飛び降りたつとこは足を捻挫したらしく2ヶ月ほどビッコをひいていたんです。
夫は今でもその時のことで時々皆に非難されていますけど。

おこめちゃんが早く良くなることをお祈りしています。
来年もかわいいブログを楽しみにしていますね!良いお年になりますように。
posted by はちまきぶどう : 2007/12/31 9:27 PM :
あら、2回も投稿になってしまいました。幅とってごめんなさいです〜
posted by はちまきぶどう : 2007/12/31 9:29 PM :
はじめまして、お邪魔します。
おこめちゃん、心配ですね。
きっとじってしているのは難しいですよね。。
私も一ヶ月ほど前からうずらを飼い始めました。色々ある中、本当にうずらの存在感の大きさを感じます。
早く治りますように・・・
お大事にしてくださいね。
よかったら遊びに来てくださいませ。
posted by 一歩 : 2008/01/02 1:13 PM :
みなさん、コメント本当にありがとうございます。


りくさん>
おこめは何も悪いことをしていないのに、こちらの不注意で傷つけてしまって本当に悲しい気持ちでいっぱいです。
人間についてくるという信頼の行動を裏切ってしまったみたいで…(;_;)
今でも「相手してよ〜抱っこしてよ〜!」と慕ってくれる姿が泣きたくなるほど申し訳なく、かわいくてたまりません。
これからはもっともっと大事にしようと思います。

ナオさん>
相手がちっちゃいからこそ、人間が最大限の注意を払うべきだとあらためて気づかされました。
ボスちゃんの時は大丈夫でしたか?
少しの間とはいえ、人間不信になってしまったというのはとても悲しいですね(T_T)
お互い、命に別状がなかった事が幸いです。

うりうりママさん>
ママさんも悲しい思いをされたんですね。
いつも追いかけてきてくれたというむっちゃん、とても残念です。
おこめが骨折しただけで診察室で号泣してしまった私には、想像でも耐えられません…。
目の前で生きていてくれていることに感謝し、看病をしていこうと思います。

こーちんさん>
ピーコちゃんが亡くなってしまったというお話を見て、もしかしたらこの子も下手したら亡くなっていたかもしれないと思うと、生きていてくれただけで感謝しなければならないなと思いました。
長男コーチン君、大丈夫でしたか?きっとビックリしたでしょうね。でも無事で何よりです。
おこめの足については、お医者さんに「鳥は2〜3週間で骨がくっつく」と言われたので、少しでも元通りにくっついてくれることを祈りつつ全力で尽くしていきます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

はちまきぶどうさん>
私も年末にこんな大厄に見舞われるとは思ってもいませんでした。
せっかくなので「これで厄落としだ!」と思うことにします(^^;)
我が家でのおこめの溺愛ぶりはすごいので、診察室に飛び込んできた父を見て獣医さんも驚いていました(笑)
はちまきぶどうさんの旦那様も、きっとつとこちゃんがかわいいから鍛えようとしたんですね。
ビッコをひく姿というのは痛々しいですが、つとこちゃんに大事がなくて良かったです。

一歩さん>
はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
一歩さんもうずらと暮らしているんですね。
あんなに小さい体なのに、その子の行動ひとつで嬉しくなったりヒヤヒヤさせられたり…と人間が翻弄されてしまいます。
こちらからも遊びに行かせていただきます!
よろしくお願いします。
posted by シオ : 2008/01/02 10:26 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://siouzura.jugem.jp/trackback/36
<< NEW : TOP : OLD>>